PID ゲインスケジューリング設計

버전 9.0 (2.12 MB) 작성자: Toshinobu Shintai
非線形なプラントモデルを制御するPID制御器のゲインスケジューリングを、「Closed-Loop PID Autotuner」ブロックまたは「応答の最適化」アプリを用いて設計します。それぞれの手法のメリット、デメリットを把握することができます。
다운로드 수: 377
업데이트 날짜: 2024/3/25

PID ゲインスケジューリング設計

本サンプルモデルでは、非線形なプラントモデルを制御するPID制御器のゲインスケジューリングを、「Closed-Loop PID Autotuner」ブロックまたは「応答オプティマイザー」アプリを用いて設計する。ツールの使い方と、それぞれの手法のメリット、デメリットを把握することができる。

最初に付属の「PIDゲインスケジューリング設計.pdf」(Webリンクはこちら)を読むこと。

必要なツールボックス

本モデルでは、以下のツールボックスを利用する。ただし、インストールしていなくても、モデルを実行せず閲覧するだけであれば可能である。また、例題によっては使わないツールボックスもある。

  • MATLAB®
  • Simulink®
  • Simscape™
  • Control System Toolbox™
  • Simulink Control Design™
  • Simulink Design Optimization™
  • Optimization Toolbox™
  • Global Optimization Toolbox
  • Parallel Computing Toolbox™
  • MATLAB® Coder™, Simulink® Coder™, Embedded Coder®

必要なサポートパッケージ

  • MATLAB Support for MinGW-w64 C/C++ Compiler

※上記はWindows用のコンパイラである。Mac, Linuxでは、それぞれのOSに向けたコンパイラをインストールすること。

※Windows用のコンパイラで、mexファイルを生成できるコンパイラであれば、MinGWでなくてもよい。

目次

PIDゲインスケジューリングをAutotunerを用いて設計する

PIDゲインスケジューリングを応答オプティマイザーを用いて設計する

PID AutotunerのPIL検証

過去バージョン

過去のバージョンのファイル一式は、以下から得ることができる。ただし、過去のモデルには、古い時期に作成したサンプルしか含まれていないことに注意すること。

GitHubからクローンしている場合には、以下の該当バージョンに戻すことで、過去バージョンファイルを得ることができる。

R2023b: v8.0

R2023a: v7.0

R2022b: v6.0

R2022a: v5.0

R2021b: v4.0

R2021a: v3.0.2

R2020b: v2.2

R2020a: v1.1

인용 양식

Toshinobu Shintai (2024). PID ゲインスケジューリング設計 (https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v9.0), GitHub. 검색됨 .

MATLAB 릴리스 호환 정보
개발 환경: R2023a
R2020a에서 R2023a까지의 릴리스와 호환
플랫폼 호환성
Windows macOS Linux
태그 태그 추가

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!
버전 게시됨 릴리스 정보
9.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v9.0

8.0.0.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v8.0

7.0.0.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v7.0

6.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v6.0

5.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v5.0

4.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v4.0

3.0.2

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v3.0.2

3.0.1

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v3.0.1

3.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v3.0

2.2

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v2.2

2.1

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v2.1

2.0

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v2.0

1.1

See release notes for this release on GitHub: https://github.com/mathworks/pid_autotuing_response_optimization/releases/tag/v1.1

1.0

이 GitHub 애드온의 문제를 보거나 보고하려면 GitHub 리포지토리로 가십시오.
이 GitHub 애드온의 문제를 보거나 보고하려면 GitHub 리포지토리로 가십시오.